イタチ駆除をして自宅クリーン|しっかり見定める駆除業者

一軒家

イタチの生態を知ろう

内観

イタチは夜行性の小動物です。日本では5種類のイタチが存在しています。可愛らしい見た目をしているため木の実やフルーツなどを食べると思われがちですが、以外なことに主食はネズミやカエルなどの両生類や爬虫類、小型の鳥類などの肉食です。そのため、エサとなるネズミやコウモリなどを探すために屋根裏に侵入します。深夜に活発に活動しているので家の主が寝ている際に獲物を追いかけて走り回るので音で眠れないなどの安眠を妨げる原因となってしまいます。眠れないというのは精神衛生上かなり大きな問題となるのでかなり大きな被害となります。また、イタチは山や森などでダニやノミが必ず寄生していると言っても過言ではありません。そんな小動物が住宅内で繁殖してしまうと家屋で飼っているペットへダニやノミなどが寄生してしまうだけでなく人への吸血被害が発生します。ダニやノミの一部にはアレルギー症状などを引き起こしてしまう厄介な種類も存在しているのでイタチ駆除はしっかり行なって行かなければなりません。イタチ駆除は自分でも行なうことが可能ですが、素人では中途半端なイタチ駆除などを行なうことによって家からイタチを追い出したあともまた家に巣を作られてしまうなどの問題があります。また、イタチはネズミやコウモリなどを狩った際にその場で食べる様なことをせずに安全を確保するため、一度巣に持ち帰ってから食べるという習性があるため、小動物の死骸が屋根裏や床下に放置されるので異臭や害虫が発生してしまう原因となるので早めにイタチ駆除を専門業者に依頼して天井裏の後片付けも行なってもらった方が良いでしょう。